2005年03月

大丈夫?

[マインド・マシンによる犯罪, 雑誌 GYROS(ジャイロス), 2005/3/23 18:22]で、電波系の方が市議をされているとのことです。大丈夫なのかなぁ〜。いや、病気(?)の人が議員をやってはいけないというつもりはありませ んが、妄想爆裂中だとさすがに... この市議のホームページは[こちら]。関連ページは[こちら]

住所変更

銀行の登録住所の変更通知をやっと出しました。転居から約1年経ってしまいました。


クレジット・カードの方も変えなきゃ。


そうそう、郵便局の方も変えなきゃ。

エシュロン

[全世界的監視システムを暴露する]


うーん、エシュロンかぁ。通信の量をこなせるだけのコンピュータってあるのかなぁ? もちろん、(超)並列なんだろうけど...それに電話やファクシミリを調べるには、音声認識や文字認識が必要だよなぁ。


でも、昨年、ヨーロッパでエシュロン対策と言わる法案が議会を通過したというニュースを聞いたことがある気がする。防禦的な意味での法案通過なのかもしれないけど。

julaさんへの返答

[天空編NO3754(天使のつぶやき), julaさんの書き込み]への返答です。

偽者であるからこそ予想がすべてはずれるのです。

このことに気がつかないここの住人に何をはなしても無駄です。

ご自分でこのように断定され結論を出されているのにも関わらず、教えを請うのはいかがなものでしょうか?

これは、他の方(通りすがりさん)の御意見ですね。

物事は試行錯誤していく事で色々見えてくるものではないでしょうか?

間違っていても、続けていく事で色々わかることはあると思います。

推論、推測が間違っていたら、

「何か間違いであったり、不足要素がある」

可能性が高いと思います。

ですから、私は「予言の解釈によるカタストロフィーの期日が外れるのは、緒世紀かその解釈に(そのどこかに)問題が有るのではないか」と書いているわけです。それに対しての返答としては、julaさんの御意見のようなものが頂けていないのです。

「偽者、本物」と単純に区別したがるという事がかなり浅はかに思えてしまいます。

確かに、単純に区別するのは浅はかかもしれません。しかし、世界規模のカタストロフィーの予言というのは、通常の地震などの災害に対して備えをしておきましょうという心掛けとはその重さ(?)が異なるものだと思います。そして期日を予言あるいは指定するのには何らかの根拠が有ってのことだと思います。しかし、氷治さんと、良い宇宙人と悪い宇宙人 [ 第1メインサイト ]の方々は期日を設定したものの外したわけですよね。とすれば、上に書いたようにどこかに問題が有ると考えるべきだと思うのです。ですから、評価としては「あやしい」という側に偏ってもおかしくは無いと思います。

★オーパーツって何なのでしょうか?
以下略

このような事に疑問を持った事はありませんか?

疑問を持った事があり、また知りたいと思うならば考えの礎となる情報は沢山あると思います。

このあたりが、

「何故、われわれが更新を続けるのかを分析するヒント」

になってくるかと思います。

なるほど、了解しました。だとすると氷治さんの解釈にこだわっているわけではないのですね。

信じてない?

良い宇宙人と悪い宇宙人の[ 掲示板]に以下のような投稿がありました。
ほっくんさん wrote:
skobaと名乗る人物は「なぜ情報を信じるのか?」に興味があると言っているようですが、もともと情報を信じている人間など誰もいないのですから、勘違いをしているか、おかしな言いがかりをつけているとしか言いようがありません。
うーん、信じてないんですか...

予言:氷治:氷治さんが「太陽」である根拠

良い宇宙人と悪い宇宙人 [ 第1メインサイト ]の元になったWebページを、氷治さんという方が書いたわけですが(href="http://chiba.cool.ne.jp/solhiji1/">世紀末の研究奉告。ここで良いのかな?)、氷治さんは、自分がノストラダムスの言う「太陽」であると確信なさっているようです。でも、どういう根拠でそう思っておられるのでしょうか? 私が見た限りでは、[良い宇宙人と悪い宇宙人 [ 第1メインサイト ], 世紀末の研究奉告, 3-3 誰が太陽かの確認]のところで次のように書いています。

最近はもしかしたら,このホームページに記載している様な事を知っている、太陽の残りの日々も理解した、私かも知れないなあ!!!と考えてるしだいです。

しかし、緒世紀を解読したという確証は無いのですよね。ちょっと思い込みが強いのではないかと思います。この他にも、緒世紀の解釈結果と氷治さんの人生には一致する点が有るそうですが、解釈結果の妥当性が分らないと何とも判断のしようが有りません。

それ以外にも「テレパシーや夢」による連絡もあったらしいです([3-0-6. 太陽宛の予言の選択])。創造力が旺盛という位だと思うんですけど。

それにしても、氷治さんの言われる「太陽」の、役割というのもいまひとつはっきりしません。Web Pageを作って告知したということでしょうか?

ちなみに...

電波系の人々で、次のように書いていました。

米ソ(米ロ)の兵器に、精神に影響を与えるものが有るとか研究・開発されているということも、また別のWebページに書かれていたりします。が、それらは「不快感を与える」という程度のもののようです。

で、これはまた聞きのことですけれども、アマチュア無線で1GHzあたりの周波数、5W(たしか免許が固定局で細大5Wだったと思うけど)の出力で通信中にアンテナ直下にいると、しばらくすると(詳しい値は忘れたけど10分位だったと思います)頭がボーっとしてくるという話を聞いた事があります。

電子レンジの電磁波の周波数が2.4GHzあたりです。それから、無線LANのIEEE 802.11bやIEEE 802.11g、コードレス電話もこのあたりの周波数だったはずです。まぁ、コードレス電話や無線LANの出力はたかがしれていると思いますが、電子レンジの出力はなんでも500W位と聞いたことが有ります。本当かな? だとしたらどれくらいシールドされているんでしょうね? 結構不安になって来ました。

携帯電話も、800MHz帯から1.5GHz帯、そして2GHz帯へと周波数が高くなってきています。もっともこちらの出力は0.6〜0.8W程度だそうです。とは言え、安全なのかどうかは分りませんが。それに携帯の無い生活には戻れませんしね。

ま電子レンジもアマ無の1GHzもマイクロ波(センチ波)なのだから、やっぱり1GHzでもある程度人体に影響があるんでしょうね。脳に限らず、人体への影響がどんなものか不安ですね。

細砲はコンピュータ

細砲にはDNAがあるが、RNAがDNA配列を読み取り、タンパク質の合成などを行なうのはチューリング・マシンと一緒ではないか。DNAがテープで、RNA(とくにリボゾームやt-RNA)がヘッド、そして細砲内物質の状態がチューリング・マシンの状態にあたる。

これをMethuselahで使えないか? メトセラの1種で、細砲置換者とか。もう有ったっけ?

哲学・思想:新物理理論?

こんなページが有りました。

多次元膨張構造新理論

意味が分らないんですけど...

哲学・思想:うーん、デカルトは...

実在哲学概論Ver.2.9の[1. 一般論]のところに次のような記述が有る。

感覚は脳細胞の神経興奮によって生じる。【実在第1原理】

実在の中に脳細胞があり、脳細胞の活動(=神経興奮)によって感覚が生じる。

昔デカルトは、ただたんに感覚があると考えただけで終わったが、ここではさらに感覚がある原因までも考えているのだ。

この方の言っている「感覚」というのがまだしっくりこないのだが、ちょっと気になる事が有る。

この方は、デカルトの考察は不充分だと言いたいのだと思う。だが、デカルトは、存在が妖しいものはどんどん消し去って行き、それでも最期に「これを考えているモノ自体の存在は否定できない。」というところに辿り着いたわけだ。だから、脳についても、その存在を疑うことができる。(ここで神を持って来ると話がややこしくなる) だが、この方は、脳の存在を前堤に考えている。デカルトを批判しているが、デカルトの考えたことについて誤解が有るようだ。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ