まぁ、実際の上手下手はともかく英語はかろうじてどうにかなっていると思います。ヒアリングが弱いのと、会話になると英語モードになるのに時間がかかりますが。そうそう、ある洋書を一年かけて結構精読したという体当たり的な方法で英語の基礎を身に付けました。なので、なにかあると、読むにせよ、しゃべるにせよ、書くにせよ、その時に染み付いたもの+αで、「んー、それは感覚的にこういう感じ」というところが基本になっています。それでも一応何とかなっているのですが。ですから、辞書、文法書などは手放せません。Cobuildの辞書や文法書(こちらは邦訳が出てます)はなんかいい感じです。

ここ数年は、暇なときにスペイン語の勉強をしていました。個人的な興味からですが。辞書をひっきりなしに引きながらならかろうじて読めるようにはなったように思います。読むだけで、書けませんけど。書けなくても困らないので。スペイン語の本で何か読みたいようなものが現れたら、また1、2年かけて精読してみようと思います。

というわけで、今後何年かはフランス語でも勉強しようと思い、さっそく始めました。個人的興味といえばそうだし、微妙に仕事に関係していると言えば言えるのですが。でも仕事関係の資料としてはプロによる邦訳があるので、実際には仕事は関係ないですかね。まぁ、原資料に当たる気分だけ味わえればいいかなと思っています。なので、会話は関係なし。ということは発音はどうでも構わない(まぁ最低限の読み方のルールくらいは必要でしょうけど)。書くこともないのでどうでも構わない。辞書をひっくり返しながら読めればいいというレベルを目指します。こっちも、読みたい本が現れたら、1,2年かけて精読しようと思います。

フランス語の次はイタリア語かなぁ? それともラテン語にでもしようか(笑)。あ、そうか、興味的にはロシア語というのもありなんだな。