虚構新聞社 UK, 笠倉出版社, 2011.

Webでもたまに虚構新聞(旧サイト)読んでおり、笑っていました。これが本になりました。早速買い求め、笑っております。

で、「あ~、こんなのあったな」と思うとともに、よく考えたなと思う記事もたくさんあります。その中から1つ挙げます。『「2と1は等しい」 数学界で論議』です。単純なことなのですが、意外に一瞬「あれ? 何で?」となるかもしれません。

あと、「上海電波有限公司」(という架空の出版社)ネタがサイトにはいくつもあったと思います。こちらは普通にバカらしくて笑えます。