emacsはなんと読むのが正しいのでしょうか。私はつい「エマックス」と呼びますが、「イーマックス」の方が正しいのかな。

emasの初期設定ファイルの使い方がいつの間にか変わっていたのか、OSのアップグレードに伴い、これまでの設定だとどうもうまく動いてくれない。ノートPCのemacsは新しい設定方法になったものを入れているようなので、それを参考にデスクトップの方も手直し。ここでうまく行ってくれればいいけど。

何が悪いのかといえば、私がずっとemacsのデフォルトのキーバインディングではなくwordstarライクなものを使ってきたことと、設定ファイルを更新していなかっこと。wordstarライクなキーバインディングはTurboPascalで身についたものなので、なかなかこれから抜けられないし、設定ファイルに手を加えるのは面倒だったから。

モードによってhookを使ってもmode-mapを使ってもキーバインドを一応変えられるみたいだけど、なんか面倒。
モードごとにやらないといけないみたいなので、ちょっと面倒。nxhtmlとか、タグの対応や色開けで便利なんだけな。そっちのキーバインディングを、そのマクロ(?)ファイルでは無いくとも設定しなおさないといえけないので、作業量を考えるとどうにも気が乗らない。

おまけに設定ファイルを新しいやり方に直してもSKKの動作もなんだかまだおかしい。ストレスが溜まってしまう。

まぁ、まあしばらく仕事をしながらいじってみます。