何となく手にとったボールペンが顔料系インクのもので、詰まっていました。何となく思いつきで芯をロットリング・クリーナー(当然希釈済み)に浸けておいてみました。数分くらいかなぁ。

結果、ボールペンが復活しました。

以前安物の万年筆を乾かしてしまった時も復活しましたが。万年筆だと、何となく「隙間があるよね」と思っていました。隙間があっても、付着した顔料を引き剥がすようなことはやっているということなのでしょうけれど。

ボールペンも当然隙間はあるわけです。なければインクが出てこない。でも、万年筆にある隙間と、ボールペンの先の隙間は感覚的に違うような気がします。でも、そこをどうにかクリーナー液は入り込んだということでしょうか。

ロットリング・クリーナーの洗浄力は凄いと思いますが、反面怖いとも思ってしまいました。クリーナー液を捨てる時には、何倍に希釈すればいいのだろうか。