先日、Google Glassに究極のアプリが登場: 警官,消防士,災害救助などの現場が使用する多用途情報機器へという記事がありました。

実際の運用には、事前にどれだけ情報を得ておいて良いのか、防犯カメラなどへのアクセスについて問題はないのかなど、いろいろ問題があることはあるだろうと思います。でもまぁ、そのあたりはどうにかするでしょうという前提で。

こういうシステムを運用しようとすると、フォワードとコントロール(あるいはバックアップと呼ばれるかも)という体制が必要になると思います。現状でも指揮室とか指揮車とかはあると思います。ですが、おそらくコントロール側のあり方が変わるのではないかと思います。単純に人数比でも、フォワードとコントロールの人数比が1対1にまではならないでしょうけど、フォワード3に対してコントロール1とか、そのあたりまでの人数比にはなるかも。コントロール側だけでも、今はマルチディスプレイを使うでしょうが、対応するフォワードの人数+何枚かくらいのディスプレイが必要かもしれません。さらには、現場での班などの分け方が必要に応じて変わると、あるフォワードに対するコントロールが誰なのかが変わったりするかもしれません。そんなのも簡単に制御できるほうが嬉しいでしょう。そうすると、指揮室とか指揮車とかの様子も変わるだろうなぁと思います。

まぁ、その手の話が好きな人にとっては当たり前の環境が、現実になるかもという感じでしょうか。