この間、そういうTVドラマを見たので。

見ていて、「うわ〜」と思った。UI設計的な見方をすると、「やってはいけないこと」をガンガンやっている。

もちろん、それは音響効果の人が頑張っているから。なぜそんなに頑張っているのかと、なんとなく思ったのは2つくらい理由が考えられる。1つは、音響効果で視聴者にどこまで迫れるかを試している。ただし、これは昔からある手法も使われているので、改めて試しているというのとも違うかもしれない。もう1つは、役者が演技できないので、それを音響効果でカバーしようというもの。

UI的な考えだと、何もかも透明でユーザがなにも意識しないで使えるというのが理想だと思うので(万能UIがあるという意味ではなく、UIの選択もユーザの義務(?)という前提で)、2重の意味でイライラした。