そんな記事が最近またあります。

アマゾンが来る以前の時点で、実家の辺りには本屋がないと言っていい状態になってますけど。

読んでいると、「飾り的に使えるような本でないと買わない」という人もいるみたい。そういう人が居るのは昔から承知していますが。

ただ、私にはそういう基準で本を買うのは無理。なぜなら、書き込むのが前提だから。そうとうどうでもいい本以外は、なにかを書き込みます。図書館の本に書き込むわけにも行きませんので。

で、リアル書店はいらないという傾向の方の意見等を見ていると、小規模書店で、しかも立ち位置がよくわからない書店を対象に言ってるように思えます。その印象が正しいとすれば、もともとそういう小規模書店は消えて行く運命だったのではないかと思います。店に入って、「小規模だし、置いてあるものがつまらない」という書店は、実のところ週刊誌や月刊誌の定期購入が売上のかなりを占めていると聞いたことがあります。その手の店は買う側からしても、その店で買う理由はありません。ですから、その店がなくなろうと構わない。その地域に、「もうこの書店しか存在しない」ような状態になれば話は別かもしれませんが。

実家の辺りは、スーパーに入ってる小さい書店と(スーパーと言っても複数階です。ただし面積は小さいです)、あとは高校の教科書だけで保っているんじゃないかくらいの書店しかありません。あれ? そう言えば、後の方の書店の近くの高校ってなくなったんじゃなかったかな? もう一校あるから大丈夫なのかな? そっちの書店ももしかして消えてるかも。私が高校生の時には、別の書店ですが、買いに行ってた気がします(そっちの店の方が微妙に広かったのですが、大昔に潰れました)。もしかしたら、どっかの書店が学校に売りに来るか、学校で注文をとってまとめて受け取るのかな?

そもそも小規模書店が一件しかないという状況であれば、いろいろ何かを言える話でもありません。ですが、そうでなければ、店の雰囲気とか売りとか特色とかそういうものをつけて、書店自体が客層を住み分けるくらいになってくれる方が嬉しいと思います。それは、一店舗でも一社(?)でもありませんが、地域にとっては売り場面積が複数店舗分の書店ができたのにいくらかは近くなります。そう単純に言える話でもありませんが、地域にとっては、置いてある本そのものの数が増える。いや、これは嬉しい。

amazonのお薦め機能が便利という人も多いみたいです。私も一応確認していますが、いまいちどうでもいいものばかりです。お薦めのベースになる本は選んでいるのですが。私の傾向がおかしいのかもしれません。それと、お薦めでも検索しても、目に入る本の一覧性が結局リアル書店の本棚にかないません。

そもそも、書店内をうろつくという楽しみがないですよね。